| HOME |

更新日 2016-03-17

新着情報

3月番組表を更新

テレビ「ライフ・ライン」、ラジオ「世の光」、「福音の光」の3月番組表を更新しました。是非、ご覧ください。

「ライフ・ライン」番組表へLinkIcon

ラジオ「世の光」番組表へLinkIcon

「福音の光」番組表へLinkIcon

インターネットラジオ番組更新
iTunesでも定期購読できるようになりました!

近放伝インターネットラジオを更新しました。視聴方法を変更し、ページを変更しました。「福音の光」を2番組、「朗読の時間」、「賛美の散歩」、「ショートメッセージ」随時アップしています。どうぞお聴き下さい。
iTunesでの視聴の詳細は、インターネットラジオのページをご覧ください。

インターネットラジオへ

ラジオ・キンポーデンアワー「福音の光」過去番組ストリーミング

2014年1月〜2015年12月まで放送された「福音の光」を当ウェブサイトでお聞き頂けます。ウェブサイトストリーミング用に再編集したものをPCでお聞き頂けます。試聴に際しては、光回線など高速度のインターネット環境での利用をお奨め致します。各月の番組表からお聴き下さい。

「福音の光」番組表へ

このサイトについて
支援会による主日礼拝教会訪問のお願い

 私共は近放伝の働きをより身近な存在としてより多くの方々にご理解いただき、ご協力・ご支援の輪をさらに広げたいと願い、2007年秋より主日礼拝に教会訪問を実施し、訪問させていただいています。訪問には、近放伝の事務局主任と支援会の信徒が伺い、ご報告の時間をいただいて実際に顔と顔を合わせることができ、よい交流の時を持たせていただいております。

 この放送伝道の必要性をお伝えしたく、是非訪問させていただきたいと願っております。近放伝から聖目礼拝に出席させていただき、ゆるされますなら礼拝の最後に5~10分ほどお時間を頂戴し、放送伝道のご案内や近放伝の働きのご報告をさせていただきたく存じます。また、教会よりどのような希望や要望をもっておられるかなどもお聞きする機会になれば幸いです。

レスポンスは年間ライフ・ラインで1100件以上、またラジオは800件以上届いています。放送伝道を継続することで、応答してくる人たちは、求める気持ちがあり、また心が耕され、福音がしみわたってきています。また、電波は教会のない所、病気で礼拝に出席出来ない人々にも、福音を伝えてくれます。

 尚、事前に牧師先生と直接十分打合せをいたしますので、お招きいただける教会はご希望の月をお知らせくがされば感謝です。

   ※お申込み、お問い合わせは、近放伝事務局までお願い致します。また、当ウェブサイト「お問い合わせフォーム」からも同様にお申し込み、お問い合わせできます。

LinkIconお問い合わせフォームへ

近放伝 祈りの課題

*以下の課題を覚えてお祈りください*

  1. メディアを通して一人でも多く救われる人々が起こされますように。
  2. 500余りの協力教会が与えられていますが、教会訪問や主日礼拝訪問などを通して近放伝と教会が更に身近な関係となることができますように。
  3. 財政面で毎月30万ほどの不足があり、累積320万の赤字となっています。必要が満たされ放送伝道の働きが継続できますように。
  4. ラジオ番組(土・日の「福音の光」)への番組参加教会が多く与えられ、放送伝道が充実していきますように。
  5. 運営の実務に当たっている事務局員たちの健康と霊性が支えられますように。

聖書本文の引用について

 当サイトはキリスト教をテレビ、ラジオなどメディアを通じてお伝えしています近畿福音放送伝道協力会です。従いまして、その内容には聖書本文の引用が不可欠です。聖書本文には当然著作権が発生いたしますので、以下の引用ポリシーにて使用し、ウェブサイトを運営しています。
 当サイトでは基本的に日本の多くのキリスト教会の中で使用されている3種類の日本語訳聖書を使用します。

  1. 『新改訳聖書第三版』(©新改訳聖書刊行会)
  2. 『聖書 新共同訳』(©共同訳聖書実行委員会、Executive Committee of The Common Bible Translation、© 日本聖書協会、Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988)
  3. 『口語訳聖書』(©日本聖書協会、Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955)
  4. 1〜3以外の聖書本文訳については、その都度出典を明記いたします。

引用に当たりましては、以下の点を遵守して、引用させていただいています。

  1. 本文を誤りなく、変更なく引用する。
  2. どの訳からの引用かを明示する(著作権法第48条)。
  3. 引用は基本的に250節以内(下位ディレクトリ全体を含む)。それ以上になる場合は、申請を行い、許諾の手続きを行った上で引用する。
  4. 近畿福音放送伝道協力会ホームページのURLを聖書著作権管理者に報告する。

引用する日本語聖書訳の各略語について

  1. 『新改訳聖書第三版』からの引用の場合は(新改訳)と明記することがあります。
  2. 『聖書 新共同訳』からの引用の場合は(新共同訳)と明記することがあります。
  3. 『口語訳聖書』からの引用の場合は(口語訳)と明記することがあります。

新改訳聖書著作権管理事務局
〒160-0016 東京都新宿区信濃町6
いのちのことば社内
電話 03-3353-9340 FAX 03-5367-5160
LinkIconウェブサイトへ

財団法人 日本聖書協会
〒 104-0061 東京都中央区銀座 4-5-1
電話 03-3567-1995 FAX 03-3567-4436
LinkIconウェブサイトへ


聖書本文の引用に関して、お気づきの点等がございましたら、近放伝事務局にまでお尋ね下さい。

LinkIcon近放伝事務局について


協力教会検索にご利用下さい。
近放伝サイト内の協力教会を検索できます。

近放伝からのお知らせ

近放伝へのメールの方法

 本ウェブサイトには、近放伝の電子メールは掲載されていません。既にご存じのように、「迷惑メール」対策です。
 従いまして、近放伝事務局へのメール、お問い合わせ、番組プレゼント応募、各種お申し込みなどは本ウェブサイト「お問い合わせ」内にある「お問い合わせフォーム」をご利用下さいますようご案内致します。

LinkIconお問い合わせフォームへ